KAWAMOKU HOLDINGS
川木ホールディングス

 


トップ
代表取締役挨拶
企業概要
会社沿革
グループ企業

代表取締役社長 鈴木芳徳
代表取締役社長 鈴木芳徳

代表取締役挨拶

1869(明治2)年5月、初代鈴木徳次郎が川越に丹波屋(丹徳木材店)を開業したのがカワモクグループのはじまりです。明治、大正、昭和、平成と時代の変遷の中で先人達の努力により、今の私たちがいます。温故知新。創業から140年以上経った今、その歴史を振り返るとともに、カワモクグループの現在から未来に思いを馳せます。

カワモクグループは、不動産業、総合建設業、倉庫業、保険業など多面体の事業を展開し、少数精鋭で安定した効率の良いビジネスを目指します。事業に関わるすべての関係者と心の結びつきに基づいた質の高い経営を行うことで、時代に即した的確なサービスをお客様にご提供できるよう、常に心掛けております。また、新たな事業展開も視野に入れ、着実に実績を築いてまいります。

私たちは、地元川越をはじめとする歴史ある事業基盤と幅広い分野にわたる企業ネットワークをバックボーンとし、人に潤いと安らぎのある空間づくりに取り組み、社会に貢献する企業でありたいと思います。常に世の中は変わっていきます。しかし、人間の幸せは変わらないはずです。21世紀という新しい時代に、ビジネスを通じてより多くの方々の幸福を実現したい。カワモクグループにどうぞご期待下さい。

 


Copyright(c) 2005 Kawamoku Holdings Co.,Ltd. All Rights Reserved.

個人情報保護お問い合わせ